船長の紹介

第8海形丸 船長  大向鶴男 60歳 

 岩手県久慈市侍浜町出身。漁師40年、釣船20年の漁のプロ中のプロです! 

遠洋漁業で船員20人程を引き連れて船長として10年、パナマ運河を通った数少ない船長です。 

運河を渡りアルゼンチンの近くの漁場でマグロ、イカを取ってました。 

 

 現在は、地元の岩手の久慈市侍浜に戻り、三陸久慈沖のサケ、メバル、ソイ、季節になるとウニやアワビを取っています。 

 毎年、夏になると修学旅行の民泊や海での漁村体験の受け入れや、海形丸での釣りを楽しむ多くのお客様がお越し下さり、私も一緒に楽しんでおります! 

 

20歳の時はプロボクサーでした。かの有名な輪島功一さんと同じ試合にでてました!見た目怖そうと言われるけど、全然怖くないですよ! 

安全で、楽しい海釣りを、海形丸がお手伝いします。

久慈市、洋野町、野田村、普代村のある北三陸海岸エリアは豊かな漁場。

海釣り、船釣りなら北三陸久慈へ。

・釣り初心者、興味のある方、釣りの好きな人→沖で釣ってみませんか? 

・船釣りは陸の釣りと全く違います!釣り人なら一度は船で沖に出て釣ってみてください。

・丁寧にご案内、ご指導致します。

漁師の家といってもごく普通の一般住宅です。快適に宿泊いただけます。お気軽にどうぞ。

 

岩手県遊漁船業協会久慈支部会長  【第8海形丸  大向鶴男】 

久慈港(岩手県久慈市)の紹介

 久慈港は、三陸海岸北部に位置し陸中海岸国立公園に指定されている付近一体は、良好な漁場として、古くから漁業のまちとして栄えてきました。

 日本海からの対馬海流、太平洋からの黒潮が沖合でぶつかり合う好漁場で、世界三大漁場の1つ「三陸沖」として知られています。

 

 


 久慈港から車で10分ほどのところにある釣り鐘洞は、ビュースポットで洞窟の穴と朝日が重なる夏至ごろが見ものです。毎年たくさんの写真家が訪れ、その絶景をカメラに収めています。

男性的な荒々しいリアス式海岸は、他では見られない海の絶景を見せてくれます。

    


NHK連続ドラマあまちゃんでも有名になった岩手県久慈市小袖地区。北限の海女としても有名です。

海女さんが見られるのは7月から9月にかけての時期です。

観光のお客さんが利用出来る海女センターもあります。

 


岩手県久慈市は、都会と田舎の交流事業も盛んにやっています。

船長も協力させもらっています。仙台、関東方面の中学から大学までの生徒さんに民泊してもらいながら田舎ぐらしを体験してもらっています。

外国人の大学生も来てくれました。